『生者の行進リベンジ』1話ネタバレ無料|超絶恐怖のホラーサスペンスが復活

こんにちわ!乙奈です。

『生者の行進リベンジ』を読みました。

前作に引き続き今回も面白いです。

前作と比べてさらにグロさが増しています

『生者の行進』はたった3巻で終わってしまいましたが、内容としてはすごく濃いサスペンスが圧巻でしたね。

前作のファンならきっと気に入ると思います。

今回は主人公も新しくなりますます期待できそうな作品です。

今後は前作のキャラクターも登場してくるはずなので、ぜひ1話から読んでみてください。

それでは『生者の行進リベンジ』の第1話のあらすじとストーリーをレビューしてきます。

『生者の行進リベンジ』1話のあらすじ

あなたには復讐したい相手がいますか?

意味深なメッセージから始まる第一話。

はじまりは高校生が橋の下でカツアゲをされているシーンからです。

顔面をボコボコに殴られている男子高校生。相手は金髪のいかにもなヤンキーです。

と!

突然姿を現したのはとんでもなく巨大はバケモノが( ゚Д゚)

いきなりヤンキーたちに襲い掛かかり食いちぎってしまった模様。無残にも内蔵を食いちぎわれあたりは血まみれになっていることが想像できます。

いったい何が起こっているのか?恐怖と謎におののきつつも、いじめられていた男子はもっとやれとほくそ笑んでいます。

いじめの現場

場面は変わって、今度は女子高生のりかが登場します。

一見カワイイ女の子ですがとちらかというと大人しく地味目なタイプです。

学校に行きたくないな・・・

そう彼女が思っているのには訳がありました。

どうやらクラスのみんなから酷いいじめを受けているようです。

ギャルの同級生からバッグでぶたれたり、目の前で給食に虫を振りかけられたり・・・

さんざんな酷い目に会っていたのです。

神原登場

そんなクラスを神原省吾という新任の男性教師が担任することになりました。

若いかんじですが、見た目は金髪で三白眼をしている結構ヤバ目の男性教師です。

不良ばかりのこのクラスは教師たちが手の付けられない問題児クラスです。

神原が挨拶をしている最中にもまったく話を聞かない生徒たち。

そんな中神原はある一人の不良男子に目を付けて近寄ります。

「ちゃんと話聞いてくれるか」

そう言うと、当然のように逆ギレしだす不良男子のレン。

おそらく学内でもっともケンカが強くいかにもヤバそうな風体です。

ところが・・・!

何かを感じ取ったそのレンは急に大人しくなってしまいました。

そのわけは・・・

自殺未遂

イジメに耐えきれなくなったりかは学校の屋上に来ていました。

もう無理・・・

とばかりに今にも屋上から飛び降りようとしています。

そこへ、突如現れたのは担任になったばかりの神原。

自殺をやめるよう諭すのかと思いきや、

まさかの言葉でリカを思いとどまらせたのです!

しかも続けてリカに言った言葉が衝撃です!

これまでずっといじめられていたせいで心に背負ってしまった化け物が見えるというのです。

そしてその化け物を放置すると、必ず誰か他の人まで傷づけることになるという・・・

いったいどういうことなのでしょう・・・

『生者の行進リベンジ』見どころと感想

今回もグロいシーンから始まりましたね!

いきなりの血まみれ場面でしたが、突然現れたバケモノがまたとんでもなくグロかったです。

こんなにキモくてグロいものをよく描いたなあと思います(;´∀`)

とくにりかをいじめていたギャルに襲い掛かったバケモノがまたでぶでぶのキモイオヤジのイメージにぴったりでした。

最後はミミズやムカデでその他者もののけだものの餌食にされてしまいます・・。

神原が言うには、こんなとんでもないバケモノの正体は負の感情を背負い続けたリカが作り出したものだと言います。

これで復讐ができるなら、いじめられていたリカにとっては良かったのかもしれません。

ただ神原にとってはこんな負の感情がバケモノに変わるところを察して実際に観ることが出来るのですね。そしてその化け物が具現化する前に退治してしまうのです。

いったいどうやってそんな能力を身に着けたのでしょうか?神原はいったい何者なのか?

つづきが気になります。

『生者の行進リベンジ』はこちらで先行配信してます♪

『生者の行進リベンジ』は「まんが王国」という電子コミックサイトで先行配信しています。

まんが王国は無料で試し読みもできますし、半額クーポンももらえるのでお得に『生者の行進リベンジ』を読むことができます。

登録するとすぐ半額クーポンがもらえます。これを使うと漫画が半額で読むことができるのでとってもお得なんですね♪

ぜひ「まんが王国」で読んでみてくださいねˆ ˆ

>>「まんが王国」はここをクリックしてね<<

検索窓から『せいじゃのこうしん』と検索すると出てきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です